最近注目されている賃貸併用住宅の魅力を分かりやすく解説!

つみき

マイホームで収益を上げる

住居

自宅とアパートが一体化

一戸建てのマイホームを手に入れたいが資金面に不安がある、という人は少なくありません。そんな人におすすめなのが、賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅とは、賃貸住戸とそのオーナーの自宅が1つになった住宅のことをいいます。1階が自宅で2階がアパート、あるいはその逆などさまざまなタイプがあります。賃貸併用住宅が優れているのは、完成後に得られる家賃収入を資金計画に繰り入れられる点です。給与所得だけではローンが返済できるかどうか心配だという人も、将来の収入増を見込んで積極的な予算を立てることができます。現在では、多くの設計施工業者が賃貸併用住宅を手がけています。依頼する際は、優秀な施工技術を持っていることはもちろん、賃貸経営についても専門知識を有する業者を選ぶようにします。せっかく賃貸併用住宅を建てたはいいが肝心の入居者が集まらない、ということにでもなれば返済計画にも狂いが生じます。候補地の選定にしても、マイホームに適している立地条件と賃貸経営に適している立地条件が常に同じとは限りません。自宅でありながら収益物件であるという、賃貸併用住宅の特殊性を考えたアドバイスをしてくれるかどうかがポイントとなります。もし仮にそのような業者が見つからなかったとしても、あきらめる必要はありません。その場合は、ローンを組む金融機関に助言を求めるという手段があります。賃貸併用住宅に理解があり、積極的に助言してくれる金融機関を選べば、収益性の高い物件を実現するのに役立ちます。