最近注目されている賃貸併用住宅の魅力を分かりやすく解説!

つみき

自宅と賃貸住宅を併用する

家積み木鍵

賃貸併用住宅とは、自宅の敷地に賃貸用の住宅も建てる住宅のことです。別々に建てることもありますが、一つの住宅の別の部分を賃貸用に利用することもあります。賃貸併用住宅が注目されているのは、土地の値段が上がる見込みがなく、土地活用の必要性が高いためです。一昔前は土地は資産の一つとして考えられていましたが、人口が減少しつつある現代社会では、土地は税金などがかかるだけのマイナス資産であると考えられています。そのため、単に土地を余らせておくだけではどんどん支出が増えていきます。賃貸併用住宅にすれば、自宅として使えるだけでなく、賃貸住宅による家賃収入を得ることもできます。家賃収入が得られれば住宅ローンの軽減にも役立ちますし、新たな収入減として活用することもできます。また、賃貸住宅にするだけでなく、二世帯住宅などに使い変えることも可能です。そのため、現在二世帯住宅として活用し、将来は賃貸住宅として活用するという方法もできますし、その逆も可能です。バリエーション豊かな使い方ができるのが大きな魅力です。このような流れから、賃貸併用住宅を扱うハウスメーカーも多くなってきています。そのため、ノウハウを積み重ねたハウスメーカーも増えてきており、依頼先が多様になっているのも利用者が増えている理由といえます。成功した案件があることも選択肢に上る理由といえるでしょう。成功した案件を見ることでどのようにすればいいかがわかり取り組みやすくなるためです。