最近注目されている賃貸併用住宅の魅力を分かりやすく解説!

一軒家

最新記事一覧

自宅と賃貸住宅を併用する

家積み木鍵

賃貸併用住宅とは、賃貸住宅と自宅を併用する住宅のことをいいます。敷地内に別々に建てることもありますが、同じ建物にすることもあります。家賃収入が得られる点と、二世帯住宅に活用することも可能な点などが大きな魅力です。

収益化の出来る家

一軒家

注目されるポイント

家を建てる場合には、建てる人がその費用を負担することになります。しかし、近年は賃貸併用住宅という選択肢も注目されています。賃貸併用住宅とは、自身が居住する場所と同時に、他の世帯が居住するスペースを用意するというものです。これによりそのほかの世帯には賃貸として貸し出すことによって収入を得ることができ、ローンを組んでいる場合にはそのローン返済が容易になります。また賃貸併用住宅では多世帯が住むことを前提として作られるので、ライフスタイルの変化に応じて改装することで無駄なく住宅を使うことができます。例えば子育て世代の時にはひとつの住宅として利用し、子供が家を出て行く年齢になると改装して賃貸併用住宅とすることで、老後の資金を得るのに使うことができます。また賃貸併用住宅として貸し出しておき、子供が成長して独立したいといった場合に部屋を貸し与えるといったことが可能です。いずれにしても複数の世帯が居住できるように作っておくことで、フレキシブルに運用することができるのが賃貸併用住宅のメリットです。一方でリスクもあり、ひとつは高額であることです。賃貸として貸し出すことを前提に作るので、設備面での費用が高くなるためです。また借りてくれる人が居なければ話になりませんから、立地の良い場所であることも条件になります。特に賃料収入をあてにローンを返済するという際には、賃貸経営のセンスも必要になります。ただそれらをクリアすれば負担を減らしつつ、収益化が可能なマイホームを手に入れることができます。

一体化した自宅と賃貸住宅

女性

昨今では、自宅と賃貸住宅とが一体化した賃貸併用住宅の需要が高まっています。建築費用を家賃で回収できる上に、管理業務が比較的手軽だからです。さらに二世帯住宅として利用することも可能なので、子供が成長した時のことを考慮して、賃貸併用住宅を建てるという人も増えています。

マイホームで収益を上げる

住居

賃貸併用住宅は、1つの建物に賃貸住宅とオーナーの居住スペースが併存している物件です。自宅でありながら収益物件という特殊性を有しているので、建築する際はマイホームと賃貸経営の両方にノウハウを持っている施工業者を選ぶようにします。